最大15社の自動車保険 見積もりが一括請求できます。

ぜひ一度他社でも保険の見積もりを取って見てくださいね。保険料が驚くぐらい安くなりますよ!

保険

年齢条件について

自動車保険 年齢条件


自動車保険は、加入する人の年齢によって保険料が違ってきます。

基本的に年齢の若い人ほど保険料が高くなります。
それは年齢が若い人ほど事故を起こす確率が高いからです。

交通事故総合分析センターの統計では、交通事故死の割合が最も高いのが20歳代で、30歳代、40歳代と比較すると2倍の開きがあります。


自動車保険の場合、補償する人の年齢によって段階的に保険料に差をつけています。


一般的には、下記のような特約が用意されています。

・30歳未満不担保特約(30歳以上のみ対象)
・26歳未満不担保特約(26歳以上のみ対象)
・21歳未満不担保特約(21歳以上のみ対象)
・年齢問わず担保特約(全ての年齢対象)


例えばある保険会社では、「年齢問わず担保特約」と「30歳未満不担保特約」とでは、保険料の割引に60%もの差がでます。


最初に加入するときはこの年齢条件を意識する人も多いのですが、よくあるのが保険の更新の際に、前の契約と同じ条件で継続してしまうケースです。

年齢条件といのは、各保険会社によって違います。
自分で「年齢条件はまだ適用されないな」と勝手に思い込まないようにしましょう

更新の際は、必ずその都度年齢条件を確認するようにしてください。

関連記事

Copyright © 2006 人身傷害保険の疑問が解消!人身傷害ガイド. All rights reserved