最大15社の自動車保険 見積もりが一括請求できます。

ぜひ一度他社でも保険の見積もりを取って見てくださいね。保険料が驚くぐらい安くなりますよ!

保険

車の安全装置で節約する

自動車保険 割引の条件

最近の車は本当にいろいろな装備が付いていますよね。

自動車保険に加入するときにも、それらの装備により保険料が違ってくるのをご存知でしょうか?

以下に保険料が安くなる装備を説明しますので、自分の車についていないか確認してくださいね。

SRS・エアバッグ

車の事故を起こしたときに風船のように膨らむエアバック。
この装置が付いていると、事故の時の怪我を軽減できますので保険料が安くなります。

通常、搭乗者傷害保険や人身傷害保険が10%〜15%程度割引になります。

また運転席だけでなく、助手席にもエアバックが付いていることも多いと思いますが、この場合も保険料が違ってきますのできちんと申告してくださいね。

ABS(アンチロックブレーキシステム)割引

急ブレーキをかけてもタイヤがロックしない、それがABSです。
最近の車ではついていることが多いと思います。

このABSが付いていると、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、人身傷害保険が5%程度安くなります。

横滑り防止装置

車に急ブレーキなどを掛けた場合に起こる横滑りを防ぐための装置です。

横滑りによる事故が未然に防げるため、保険料が安くなります。

通常、対人賠償保険、人身傷害保険、搭乗者障害保険が5%程度割引になります。

衝突安全ボディ

車が衝突した時の衝撃を吸収する安全ボディのことです。
この装備がある車の場合、衝突時のケガを軽減することができます。

通常、搭乗者傷害保険、人身傷害保険が10%程度割引になります。

なお保険会社によって、各車に衝突安全ボディかどうかの基準が決められています。
加入前に必ず確認するようにしましょう。

エコカー

最近人気が出てきているのがエコカーと呼ばれる車です。
エコカーには、ハイブリッドカーなどの低公害車、低燃費自動車、低排出ガス自動車などがあります。
これらの車の場合は合計保険料が割引になります。
注)福祉車両割引と同時には適用されません。

福祉車両

いわゆる身体障害者用など、車に補助装置が装着された車のことを福祉車両といいます。
このような福祉車両は、消費税非課税措置の対象となっています。

この福祉車両も合計保険料が安くなります。
注)エコカー割引と同時には適用されません。

新車

新車の場合も自動車保険料が安くなります。
この場合は車両保険料が1〜5%程度割引になります。

ここでいう新車とは、初度登録年月から保険開始年月までの期間が25ヶ月以内の場合が当てはまります。

盗難防止装置割引

最近は車の盗難が増えてきていますね。
そのような理由から、盗難防止装置が付いている車の場合は保険料が割引になります。
この場合、車両保険が1%〜5%程度安くなります。

関連記事

Copyright © 2006 人身傷害保険の疑問が解消!人身傷害ガイド. All rights reserved