最大15社の自動車保険 見積もりが一括請求できます。

ぜひ一度他社でも保険の見積もりを取って見てくださいね。保険料が驚くぐらい安くなりますよ!

保険

自動車事故の責任

自動車事故の責任とは

皆さんが自動車事故を起こした場合、法律上次の3つの責任を負うことになります。

1.刑事上の責任
2.行政上の責任
3.民事上の責任


つまりこれは1回事故を起こすと、刑事上、行政上、民事上と3つの責任を負わなければならないということです。

それでは個別にそれらの責任について説明します。

1.刑事上の責任

「業務上過失致死」「業務上過失傷害」などの言葉を聞いたことがあると思います。
自動車事故を起こすと、まさにこの罪が科せられます。
またさらに新しく「危険運転致死傷罪」がつくられ、悪質な交通事故への対応は厳しくなっています。

また交通事故は過失でも犯罪ということになればいわゆる前科者になります。
会社などで懲戒解雇や休職などの処分を受ける可能性もあるということを覚えておいてください。

2.行政上の責任

いわゆる行政処分と呼ばれるものです。
点数制度はご存知かと思いますが、交通事故や交通違反によって所定の点数がつけられています。

その点数の過去3年間の合計が一定の点数以上になると、免許証の停止や取り消しなどの処分がなされることになります。

これらの処分は、被害者と示談をしてもその責任を免れることはありませんので注意してください。

3.民事上の責任

民事上の責任とは、被害者に与えた損害をどのように賠償するかという、損害賠償責任のことを言います。
人身事故や物損事故にかかわらず、加害者はこの責任を負うことになります。

これは罰金をはらったから、刑罰を受けたからといって、この民事上の責任がなくなることはありません。
また事故を起こした本人だけが負うものでもなく、その使用者などもその責任を負うことになります。

関連記事

Copyright © 2006 人身傷害保険の疑問が解消!人身傷害ガイド. All rights reserved